ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

校長挨拶

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年5月18日更新

校長挨拶

校長 田中  登

 

 素直で温和な生徒、協力的な保護者・地域の方々 、熱心な教職員集団という好条件がそろう一方、試験に合格するための知識や、社会で活躍するためのスキルは個人でも簡単に手に入れることができる世の中にあって、本校が果たすべき役割(存在価値)は何か。それは「熊石中学校に行くからこそ学べること」をかかわるすべての人が再認識し強化することだと考えております。このことについては昨年度も記載しましたが、引き続き、学校だけではなく、多くの方々とともに試行錯誤していくとが必要だと考えております。

 統合六年目を迎えました。十年を節目と考えると、後半の五年間に突入したことになります。そこで、今年度は統合時を振り返り、当時設定された校訓「自主 協調 壮健」を再確認し、様々な活動の方向性として意識していくこととしました。あえて、年度の重点教育目標は掲げず、校訓を心に、学校教育目標の達成に向けてそれぞれの立場で取組を重ねていきます。

 生徒自らが考え、試してみる。保護者や地域、教職員がその後押しをする。そんな環境をつくることで、学校という存在が、生徒にとって社会で生きていくうえでの基礎となる力を養える場になると考えています。

 今もなお、新型コロナウイルスの影響により、様々な制約や困難、柔軟な対応が求められています。熊石中学校の生徒のために、昨年度に引き続き、地域・保護者・関係者のみなさまの一層のご理解・ご支援をいただきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。