ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農委事務局 > 下限面積について

下限面積について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年3月1日更新

 「農業委員会の適正な事務実施について(22経営第5333号平成22年12月22日付け農林水産省経営局長通知)」の一部改正による、毎年の下限面積(別段の面積)の設定または修正の必要性について、次のとおり公表します。

公表内容

下限面積(別段の面積)の設定について

 農地法第3条の許可を受け、耕作のために農地の所有権等の権利を取得しようとする場合は、取得後において2ヘクタール(下限面積)以上の耕作面積を確保することが必要です。(農地法第3条第2項第5号)
 この下限面積について、一定条件を満たす区域においては、下限面積とは別に「別段の面積」を農業委員会で定めており、熊石地域は80アールとしています。
 農業委員会は、毎年、下限面積(別段の面積)の設定または修正の必要性について、審議することとなっておりますので、令和3年2月28日開催の第16回総会で審議を行った結果、次のとおり決定しました。

決定事項

  1. 農地法施行規則第17条第2項の適用について
     熊石地域に設定されている別段の面積の変更は行わず、引き続き下限面積を80アールとします。
  2. 農地法施行規則第17条第1項の適用について
     八雲地域は、別段の面積を設定しないことから、下限面積は農地法第3条第2項第5号で定める2ヘクタールとします。

理由

 2020農林業センサスで、熊石地域の農家で80アール未満の農地を耕作している農家が全体の4割を超えているため。