ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林課 > 高病原性鳥インフルエンザを疑う事例の発生について

高病原性鳥インフルエンザを疑う事例の発生について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年11月21日更新

高病原性鳥インフルエンザを疑う事例の発生について

 

 令和4年11月21日、運動公園ソフトボール場付近で回収された衰弱した「ハシブトガラス」の鳥インフルエンザウイルス簡易検査を実施したところ、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されました。

 今後、詳細な検査が実施され、高病原性か否かが判断されます。

 高病原性鳥インフルエンザは、感染した鳥と密接に接触するなどの特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられていますが、外傷が無く、死んでいたり、衰弱している鳥類を見つけた場合は、素手で触らず、役場農林課林業係(電話0137-62-2203)までご連絡ください。